AGAになる原因から治療方法まで

自己毛髪

AGA治療薬一覧

プロペシア

プロペシアとは、有効成分フィナステリドを含有した男性ホルモンを抑制してAGAの進行を抑制する医療薬です。

ミノキシジル

ミノキシジルは、血管拡張剤としてアメリカで開発された、発毛促進効果のある医療薬になります。このミノキシジルは、服用するタイプの他に塗布タイプや注射タイプなどもあるのです。

ザガーロ

2015年に承認された新たな治療薬であるザガーロ。薄毛や男性型脱毛症の治療薬として注目されているのです。形状は小型のカプセルタイプで、継続して服用しやすいというのが特徴です。

アロビックス

ジェネリック薬品の中にも含まれているアロビックスは、他の治療薬と比較しても安価でとても手に入れやすいです。コスパもよく、ふさふさの髪の毛を求める人に断然おすすめです。

ジェネリック

プロペシアと同じ成分を持ったものです。フィナステリドは国内初の承認を受けており、安心して服用することができます。

男性型脱毛症(AGA)について

before after

AGAの発症原因について

AGAというのは男性型脱毛症のことを言います。それを発症させる要因には、身体的要因と精神的要因があります。根本的な要因を知らないことには改善に至らないでしょう。身体的要因には男性ホルモンの増加、精神的要因にはストレスが挙げられます。男性ホルモンとなるDHTが体内で大量に生成されるようになると毛のコシが弱り、やがて抜けてしまいます。

AGAの進行パターン

薄毛が進行するパターンには、1つだけではなく様々なパターンが存在します。1つ目にU字です。これは、生え際が衰退して、どんどん額が広がっていきます。2つ目はM字です。これは、U字と同じく生え際が後退していくのですが、真ん中を残して両サイドが後退していくのが大きな違いなのです。Mの谷になっている部分が残ってしまい、山になっている部分が後退していくイメージになります。3つ目は、O字です。これは、頭頂部から薄毛は始まります。つむじが目立つと感じているのであれば、このパターンによってさらに薄毛は進行していくのです。そして最後は複合型です、U字とO字を発症してしまうといった、複数のパターンで同時に進行していきます。複合型の場合は、その他の進行パターンに比べて進行スピードが早くなるので、早めの対策が必要となります。このようにAGAには進行パターンがあるので、自分がどういったパターンなのかをいち早く知ることで、早期にAGAを改善することができるのです。

AGA治療方法

辛いAGA症状から逃れる為にはクリニックでの治療を始めることが大事。私生活の見直しをすることも当然大事ですが、併せて薬を服用すると驚きの効果が得られます。

治療は保険適用外

継続は力なりとはよく言ったものです。どんなに有効性の高い薬であっても、途中で辞めてしまえば思うように効果が発揮されません。AGA治療に掛かる費用は保険適用外ですが、始めないことに変化はありえなく、むしろ症状はどんどん進行していくでしょう。

AGAの改善は病院での治療が近道である

AGAで悩んでいる方で、実際に病院で治療を受けているという方は、極わずかなのです。薄毛に悩んでいる方のほとんどが、自己流のケアもしくは市販の育毛剤などのアイテムを使用しています。しかし、そのアイテムによって効果を実感することができる人というのは少ないのです。なぜならば、自分の症状と薬が合っていないからなのです。効果のない薬を使用して、問題の薄毛を克服することはできません。そこで、やはり効率よく薄毛を治すには、専門の病院に通うことが一番なのです。病院では、どういった原因によってAGAが起きているのかを調べることができ、効率よく治療を行うことができます。その結果、より早く薄毛を解消することができるのです。

広告募集中